カリグラフィー教室 2月18日(土)
f0209452_13563237.jpg



ゴシック体の作品制作、ゴシック体の大文字練習、カッパープレート体の文章練習でした。



カッパープレート体は筆圧だけで太さを調節しながら書いていきます。
書き慣れないと太さを揃えるのは大変です。

特に長い線は力が入って太くなりがち。
流れるようにかけるようになるまで書き込むしかないのですが
手が慣れさえすればこっちのもの!

書けば書くほど面白さが増してくるのです。


++++++

写真はカッパープレート体の卒業制作を仕上げてきたと見せていただいたもの。

画像ではうまく伝わらないですが
紺色に近い深いブルーにシルバーを混ぜたインクで書かれています。

シルバーやゴールドの絵の具は粒子が粗いので
青色の絵の具に混ざりきることはなく
所々にシルバーの濃淡ができるのですが
それがいいニュアンスを加えてくれています。

額もアンティーク風の木製でシルバーがかっているので
相性もばっちり!

いい作品を見せていただきました*








[PR]
by mdc_note | 2012-02-18 13:55 | カリグラフィー教室 | Comments(0)
<< カリグラフィー教室 2月22日(水) コラージュカード >>