沖縄 (首里・那覇)
f0209452_10194737.jpg



首里城

青い空に映える朱を見たかったけれど
この日はあまりお天気が良くなくて曇り空。

一部、触れてはいけない展示のある場所は抱っこで見学しましたが
歩きたい盛りのムスメは通路をずんずん進んでいくので
目が離せず展示をあまり見られませんでした。

少しだけ琉球王朝について予習して行っていたので
もう少しゆっくり見たかったなぁ。






壷屋やちむん通り

f0209452_10245095.jpg


国際通りから程近い壷屋やちむん通り。
緑が多くて静かな通りの両側に大小さまざまなやちむんのお店が並んでいます。

やちむんとは沖縄の方言で陶器のこと。
技法も多様で、素焼きに近い素朴でシンプルなもの
伝統的な緑、赤、茶の釉薬を使ったもの
切り絵のような柄を施してある繊細なもの

どれも魅力的で欲しくなっちゃいます。


食器棚のスペースを考えながら
少し大きめのお皿に決めました。
f0209452_10291064.jpg


みんなで食べる大皿にもひとりごはんのワンプレートにも
使いやすい大きさです。







第一牧志公設市場
f0209452_1033783.jpg


2日目の朝ごはんをここで。

海鮮から精肉、加工品まで沖縄フードが揃っている市場で
購入した海鮮は2階で調理してもらうことができます。

魚屋さんのおばちゃんに教わりつつ

みーばい、グルクン、いらぶちゃー、いかのお刺身
グルクンのから揚げ
あら汁
を作ってもらいました。

朝からボリューム満点でお腹いっぱい。
沖縄食を堪能しました。
おいしかったー*


公設市場の周りには八百屋さんやお土産やさん、てんぷらやさんなど
たくさんのお店並ぶアーケード街。
島野菜や沖縄のフルーツをお土産にしました。





2泊した那覇の宿は国際通りから近いウィークリーマンションタイプのホテルにしました。
値段の安さはもちろんのこと
キッチンが着いていることと、和室スペースがあってお布団で寝られることが決め手でした。

寝相のよろしいムスメがベッドから落ちないように(笑)


徒歩圏内に24時間空いているスーパーもあり
お土産を買ったり沖縄のお惣菜を買ってホテルで食べたり。

地元のスーパーはオススメです。






[PR]
by mdc_note | 2012-02-23 10:57 | 旅・お出かけ | Comments(0)
<< 長野へ カリグラフィー教室 2月22日(水) >>